小野恵令奈(えれぴょん)プロフィール

小野恵令奈

ニックネーム:えれぴょん
生年月日:1993/11/26
出生地:東京都
身長:154センチ
スリーサイズ:B78 W59 H84

小野恵令奈(えれぴょん)の動画まとめ
写真集・DVD・カレンダーなど関連グッズ

スポンサード リンク

ーーーーーーーーーー

小野恵令奈(えれぴょん)の経歴

2006年2月『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。

たまたまテレビで観たAKB48に憧れ、オーディションを受けようと思った事が、加入を決意したきっかけになった。

2007年4月、映画『あしたの私のつくり方』で女優としてデビュー。

7月、同じAKB48メンバーである前田敦子、大島優子と共に太田プロダクションに移籍。

2009年6月、AKB48の12thシングル「涙サプライズ!」のカップリングに自身のソロ曲「FIRST LOVE」が収録された。

シングルにソロ楽曲が収録されたのはAKB48史上初である。

6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では11位で、メディア選抜入りを果たした。

2010年5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では15位で、シングル選抜入りを果たした。

6月、映画『さんかく』で初ヒロイン役を演じた。

7月11日に代々木第一体育館で行われた『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』の夜公演で、2010年9月21日開催の『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』には参加しないと表明。

さらに、2010年夏をもってAKB48を卒業することを発表した。

9月27日のチームK公演をもって、AKB48を卒業した。

正メンバーの卒業は新チーム体制に移行してからは初となる。

9月28日付けで、活動を休止し所属事務所の公式プロフィールが削除された。

卒業後は海外へ留学する予定で、その期間は芸能活動を停止するが、女優業を勉強し、将来的な芸能活動の再開も考えている。

10月12日付けで、本人のブログ『キラキラぴょん吉成長日記』からの内容には「海外に旅立ちます」との旨の報告があった。

11月4日付けで、所属事務所との契約が終了、本人のブログ『キラキラぴょん吉成長日記』も閉鎖された。

所属事務所遍歴
office48(2006年2月26日 – 2007年7月)→太田プロダクション(2007年7月 – 2010年11月4日)



小野恵令奈(えれぴょん)のキャラクター

キャッチフレーズは「今日も、明日も、明後日もキラキラパワー全開」。

各メディアにおいて、大島優子と並びチームKのエースメンバーと紹介されることが多い。

増山加弥乃(元AKB48旧チームA)、藤江れいな、宮崎美穂、渡辺麻友などと仲が良い。

仕事に対する真摯な姿勢は有名。

『AKB48ネ申テレビ Season1』では、アダモちゃんこと島崎俊郎との収録後、AKB48メンバーに対して激怒と罵詈雑言を浴びせられるというドッキリ企画の最中、メンバー間でどうするかと話し合う中、島崎の罵詈雑言を叱咤激励と受け止めて芸能界の先輩として堂々と感謝する発言を述べ、当時14歳とは思えない仕事に対する真剣な姿勢を魅せた。

また、ワニブックスから出版されたAKB48ファンブック「48現象」でのインタビューで「あなたのお父さん以上の年齢の人が『えれぴょぉぉ〜ん』とか来るわけでしょう? ぶっちゃけキモくない?」とインタビュアーが質問。

すると、小野は激怒し、学校の友人にも同じようなことを言われると告げ、「自分を応援してくれてる人をそんなふうに言われるのって、ほんとガマンできないんですよ」と訴えた。

当時13歳ながら「ファンの人がいなかったら今絶対ここにいない」「お客さんの応援があるとツラくても笑顔になれるし、ヤル気が出てくるんです」とファンへの気持ちを述べた。

初めて話した先輩メンバーが小野だと語るメンバーは多く、松井珠理奈や佐藤すみれなどがそれにあたる。

家族構成は一人っ子。

落語が好きで、よく浅草に家族で寄席を見に行っていた。

写真撮影が趣味の一つであり、カメラはオリンパスE-P2を使用している。 また、読売ジャイアンツのファンでもある。

広告

ーーーーーーーーーー

小野恵令奈(えれぴょん)の動画まとめ
写真集・DVD・カレンダーなど関連グッズ

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme